2010年03月27日

農政連、自民支持見送り=参院選は自主投票−政権交代で転換(時事通信)

 JAグループの政治団体である全国農業者農政運動組織連盟(農政連)は23日までに、今夏の参院選で自民党候補を推薦せず、自主投票とする方針を固めた。JAグループは、ほぼ40年にわたって参院選の全国区ないし比例区で自民党を支援してきたが、昨年の政権交代を受けて姿勢を転換する。23日午後に都内で開く総会で正式決定の見通し。
 参院選をめぐっては、自民、民主両党がそれぞれJA関係者の擁立を計画し、全国農政連に推薦を求めていた。農政連では一時、双方を支援することも検討したものの、内部で異論もあったため、自主投票という形で落ち着いた。野党転落で支持団体の離反が相次ぐ自民党にとって、打撃となるのは確実だ。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
政権交代が追い風=金融庁、お手盛り許さず
原発推進、連携強化=新規導入国の安全・人材で
県内移設容認せず=連合沖縄

普天間、首相「自分の意思示す時期ではない」 23日の普天間関係閣僚との協議(産経新聞)
ハイチ追加支援、岡田外相が大統領に表明(読売新聞)
<ナシ>受粉作業ピーク 福岡・朝倉(毎日新聞)
首相 小林氏処遇で朝令暮改 処分検討→自身で判断(産経新聞)
センバツ 開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
posted by v4d92sdqiu at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。